So-net無料ブログ作成

梅雨 ―洗濯―

この2~3日、新潟も梅雨らしい天気が続く。

そんな時は洗濯物が大変!! と、まぁ主婦のような話題である。

しかし、実際我が家は洗濯物が

おそらく他の家庭よりかなり多い・・・とおもう。

タカ、トビ、gao、そして俺の4人家族だが

タカとトビは毎日バレーボール、プラス空手で発汗。

俺もaikiと空手で、発汗?

道着だけで5着は物干しにかかっている。

なかなかこの道着は生地が厚いので

普通の洗濯物と比べ乾きが非常に悪い。

下手をするとこの時期部屋干し特有の変な臭いがしてしまう。

特に嗅覚の異常に発達している

俺とトビはすぐ察知してしまうのだ。

そこで・・・

今回奮発しアメリカの柔軟剤を購入。

s-DSC01484.jpg

まずは、何にしようか迷ったが定番のダウニーとスナグル

のうち、スナグルのブルースパークルでかボトルを選択。

s-DSC01486.jpg

さらに、同じくスナグル jojoba essenceも購入。

s-DSC01488.jpg

s-DSC01489.jpg

部屋中アメリカっぽい?香りで

お洗濯もすすみます。


nice!(0)  コメント(4) 

結婚式、船上パーティー

 

 スタートレック・・・・・ふうに

宇宙?航海日誌、 6月20日友人の船上結婚パーティーによばれる。

船名はベアトリス号、もう一艇のアナスタシア号のほうが有名であるが・・・

s-800px-Shinanogawa_Watershuttle-1.jpg

早速、エンタープライズ号に乗船、早すぎてまだ来賓が集まらず

船酔いしそうで、急遽下船。危ないトコロであった。

s-DVC00028.jpg      s-DVC00034.jpg

定刻となり乗船して出航してみるとさほど揺れも気にならない。

岸壁に停留していたときは結構ゆれたのだ

 

普段、車では見れない信濃川の景色を見ながらパーティーは進行 。

s-DVC00021.jpgs-DVC00020.jpgs-DVC00011.jpg

 普段と違いgaoもアルコールの進みが遅いのであった

s-DVC00012.jpg

グランドホテル前を出発しふるさと村ちかくまでいってUターン。

無事、約2時間のパーティーは終わった・・・。

新郎新婦はこのあと第2陣の出航があるそう。


nice!(1)  コメント(3) 

なんじゃ、こりゃ?

さっき、gaoが会社から持ってきたもの。

岩室の名物で商品が店にならぶとあっという間に

なくなっちゃうんだって。

750円もするらしいが試しに買ってきてもらったのだそうだ。

俺はまったく、見たことも聞いたこともなかったんだけど・・・

その名は

s-DVC00001.jpg

こんな感じ・・・

s-DVC00002.jpg

むくと…こんな感じ

s-DVC00003.jpg

ただの、おこわじゃん。

s-DVC00004.jpg

だけど、中身はこんな感じ

s-DVC00005.jpg

ぐるりのおこわは非常にうまく、

中のあんこは薄皮にくるまれた大福状態。

しょっぱいのに、あま~いんですて。

 

 常に甘いモノを食べた後しょっぱいもので締める

次男トビに食べさせると…

食べる前は、うぇ~とか言ってたのにいざ食ってみると、

『なかなか、いけるね~』 だって。


nice!(3)  コメント(6) 

古町 探訪。

うちの次男トビが急に、『学生ズボンの夏ズボンがないし…』と

訴えてきたもので『今年で中学も終わるんだから何とかしろ!』と言ったら

『何んともできねえし…』

まぁ、よく考えたら中学入学以来全て親戚と兄のタカの

お古で通してきたことに気づき、買ってやることに。

そこで、古町の本町通りにあるサトーココノカドーまで

GAO、トビの3人でちょっとお買いものに。

基本、休日に買物に出ることを極端に嫌う俺とトビであるため

サトーココノカドーの店内に入ると3Fのいちばん隅にある

中学制服コーナーを一瞬でつきとめ、一発ツモでトビのサイズを

見つけ、これも一瞬で試着OKで丈つめを係の人にお願いしたのだ。

そしたら、1時間後に受け渡しと言われ、

俺とトビで『ウ~ッ!!』(とっとと帰りたい意味)と唸ってたら

GAOが『どっかでお茶でも…』というので店を出て

古町をブラブラすることに。

トビが本屋に行きたいと言ってきたので近くの

Hッコウシャという老舗の本屋にin。しばらく時間をつぶし

その後行くあてもなく並びにある”アウトドアショップmont-bell”に。

mont-bellで気分を高揚させ、次は地下の洞窟をくぐりぬけ

古町ではもっとも標高の高いnext21に無酸素登頂に挑む。

s-DVC00033.jpg

人の気配を感じさせない地下洞窟入口

s-DVC00031.jpg

やはり、人の気配がない…

標高125mを無事登りきり頂上から雄大な景色を眺める。

s-DVC00021.jpg

s-DVC00020.jpg

子供のころ、連れられて行ったことのある大和デパートの

屋上を見降ろす。

たしか7~8年前に一度だけビヴァークしたところが・・・ここ。

s-DVC00029.jpg

さすが無酸素登頂がきつかったかお疲れのトビ。

s-DVC00028.jpg

PS.古町のとある果物屋さん。普段何気に店前を通っていたけど

よく見たらなんか変なのだ。

s-DVC00034.jpg

 〇△×商店と外壁に張り付けてある隣に多分昔は

く・だ・も・のと書かれていた、そのあたまの「く」が取れていて

「〇△×商店 だ も の」 だって。


nice!(3)  コメント(11) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。